OEMのシャンプーの特徴を解説

「髪の毛がパサついて仕方が無いので、少し高くても良いから良いヘアケア用品を探している」・「ドラッグストアなどのヘアケア用品では頭皮がべた付いてしまうので、サロンのさっぱり感を実現するような製品を求めている。こういった髪についての悩みを抱えている人や若い世代を中心として最近流行っているものとして、「OEMシャンプー」というものがあります。これを簡単に言い表すとヘアサロンのオリジナルシャンプーという事になり、とくに東京など日本の中心部に位置する土地に存在する有名ヘアサロンが独自開発した商品は、若い世代だけでなくお金持ちのセレブや髪質に拘るマダムなどからも人気を集めています。しかし、こういった製品には一体どのような特徴があるのでしょうか。

美容師のこだわりが詰まった製品です

ヘアサロンの数が増えすぎた日本国内では、サロンごとに独自性やオリジナリティーを出すことで集客率を上げるしかありませんでした。そんな時に救世主のように現れたのが、「OEM」。ヘアサロンがそれぞれに独自のシャンプーやリンス・コンディショナーなどのヘアケア用品を開発・使用・販売することで、1つ1つ個性を出していったのです。そんなOEMのヘアケア用品には、日本各地に存在するヘアサロンを経営する美容師の紙へのこだわりがここぞとばかりに凝縮されています。それぞれの美容師が自分なりに思い描く最高の髪質を実現できるような、そんな優れた品質の製品ですから、通常ドラッグストアやインターネット通販などで販売されている製品よりも髪に良い質の高い成分が含まれているのです。

幅広いケアが出来る万能選手でもあります

それぞれのヘアサロンが一生懸命考え抜いてやっと一つ作り上げたOEMヘアケア用品というのは、幅広い髪の悩みに寄り添うことの出来る万能選手が多いという点も特徴として挙げられます。大手メーカーならば潤いに優れた成分のみを多く配合した製品とさっぱりとした洗い上げを実現する製品、その二つを別々に販売するだけのコストの余裕がありますが、ヘアサロンはそういうわけにもいきません。だからこそ、数少ない製品で大きな効果や結果を生み出すためには、髪のあらゆる悩みに良いアプローチができるような有効成分をふんだんに使用しなければならないのです。一つ当たりの価格は高くなってしまいますが、それ一つで潤いとさっぱりした洗い心地という両方を叶えてくれるわけですから、利用者としても嬉しいポイントなのです。

小ロットでサロンオリジナル商品を気軽に作ることができます。 実際にOEM作製をされたお客様の声を掲載しています。 「自分でつくる」が最大のメリットであるOEMで考えよう。 美容商材をオリジナルブランド品で他店と大きく差別化! アウトバスエッセンスやワックス、カラートリートメントなど様々な実績があります。 名刺やメンバーズカード、ショップカードもお得に作れますのでご相談下さい。 OEM制作のこだわったシャンプーがこちら